派遣薬剤師は変わった人が多いです。

以前、ステロイドを使わなくてもアトピーを改善する、という派遣薬剤師がいる薬局のホームページを見て行きました。

その派遣薬剤師は、皮膚の状態を変えることで改善しようと、治療方針を考え出した派遣薬剤師です。

中には、調剤薬局に入ってすぐステロイドを患部に塗り、アレルギー反応が無いか確認した、ということで薬代を請求した調剤薬局の派遣薬剤師もいました。今度は良心的な医療を望み、薬局へ向かいました。今度の派遣薬剤師は、派遣薬剤師でありながら、認定薬剤師でもあり、心のケアも同時に行うということでした。

受診科は、皮膚科ではなく心療内科です。皮膚科として診てもらいたくて来る患者さんは皆、心療内科を受診することになっています。薬局全体がメンタルに重点を置く方針で、以前は皮膚科のある総合薬局でしたが、皮膚科の患者さんも心療内科を受診する心の専門薬局に変わったそうです。

それでも、派遣薬剤師の治療方針を信じて受診しました。一歩入ると、皮膚の状態を診て、どんな薬を使おうか決め始めました。アトピーで夜中に目が覚めることもあり、体も衰弱していました。それは、余談で言った訳でなく、余りにつらかった為に声に出てしまったのです。しかし、派遣薬剤師はハッキリとこう言いました。「あのね、アトピーなんか治りませんよ。症状が出た部位に薬を塗り続けるしかないんです。」改善という言葉は、全く聞かれませんでした。藁をもすがる思いで受診したのにつらかったです。

しかも、多少はステロイドを使うようです。ガッカリして、会計を済ませて驚きました。皮膚科として受診したにも関わらず、精神科専門療法という項目に、点数が算定されていたのです。つまり、心療内科に一歩足を踏み入れたら、心療内科として受診したことになるのです。心のケアどころか、期待はずれで落ち込んでしまって、言葉も出ませんでした。
とにかくこの薬局の薬剤師は変わった先生ばかりで、とりわけ短期派遣で薬剤師は全く信用できません。
是非、薬局の人事担当者にはこのサイトでも読んで新しい短期の派遣薬剤師を雇ってもらいたいものです。⇒薬剤師派遣って短期間でもOKなんです!未経験でも大丈夫だよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です